在籍してキャバクラで働くデメリットとは

在籍キャバ嬢として働くデメリット



キャバクラ店に在籍して働く場合のデメリットとして、自分に合わなかった時です。同僚のキャストやスタッフなどと反りが合わなかったとしても、その環境の中で耐えながら働かなくてはなりません。

どうしても我慢できず、辞めようと決意して退職する旨を伝えたとしても、引き留められたり、退職を認められない場合など、トラブルに発展する場合もあります。だからといって黙って辞めたりすると、お給料をスムーズに受け取れないかもしれません。

派遣であればそもそも退職するといった概念自体ありませんが、在籍の場合、そのような面倒な手続きが必要になります。派遣と比べ、そういった点はデメリットと言えます。

トラブルに巻き込まれることも

客とのトラブルに巻き込まれる可能性も

迷惑なお客さんに目を付けられた場合、付きまとわれたり、営業妨害的なことを受ける可能性もあります。
店側で入店禁止などの措置はとってくれますが、働いている場所自体は特定されています。

仕事帰りを狙って待ち伏せされたり、後をつけられたりなど、店外のことまでは完全に防ぐことができません。最悪、トラブルに巻き込まれてしまうことも。

このように、在籍してキャバクラで働く場合にはいくつかのデメリットがあります。
そういったリスクがあることはしっかりと覚えておきましょう。