お店に在籍して働く

在籍キャバ嬢について解説



在籍キャバクラ嬢とは、1つのお店に所属し、その店舗だけで仕事をする働き方です。
お店と直接雇用契約を結ぶため、給料はお店から直接支給されます。

また、様々な福利厚生や待遇などが用意されている場合があります。お店によって条件が大きく異なることもあるので、そういったものを含めて自分に合ったお店探しをすることが大切です。

お店に在籍する働き方にはメリット・デメリットがあります。
それをよく理解し、他の働き方と比較した上でどういった働き方が自分に合っているのか考えてみましょう。

在籍で働くからこそ気にする点

在籍キャバ嬢だから気にするところ

キャバクラ店に在籍して働く場合、毎日同じスタッフ、キャストと顔を合わせることになります。
長くお世話になる可能性があるので、人間関係やお店の雰囲気の合う合わないを見極める必要があります。

例えば、良いお客さんに恵まれたとしても、先輩キャストやスタッフとは合わないかもしれません。
逆に、お店のスタッフとの人間関係はとても良いが、客質が悪く、接客で大変思いをするかもしれません。

このように、その日限りの派遣であれば気にしなくていいようなことも、在籍する働き方となると気にしなくてはいけない点などがでてきます。こういった点は入店前にできるだけ把握しておくことが理想です。

しかし、そのようなことはどうやって事前に調べればいいのかという疑問がでてきます。
実は、そのような疑問を簡単に解消できる制度があります。
それは、本格的に働く前に、お試しで働くことができる体験入店というものです。

制度を活用することによって、在籍する前にキャバクラ店の雰囲気などを知ることができます。本入店してから「このお店は自分には合わない」とならないように必ず制度を利用をするようにしましょう。