キャバクラを派遣で働くデメリットとは

派遣キャバ嬢として働くデメリット



派遣キャバクラ嬢のデメリットとしては、毎日がその日だけの仕事になるので、いくら頑張ろうとお店の中での立ち位置が良くなることはありません。

在籍で働いている場合、頑張って成果をあげればスタッフからの評価も高くなりますし、常連客が付くなど、お店の中での確固たる地位を築くことができます。自分の居場所なども見つけることができれば、居心地の良さを感じることもあるでしょう。

しかし、派遣の場合、在籍しているからこその恩恵を一切受けることが出来ません。
在籍キャバクラ嬢のメリットを受けれないところが最大のデメリットといえます。

働く環境や給与面でも

仕事環境や給料面でデメリットがある

毎日違うお店で働くとなると、指名してくれるような常連客はいないし、気心の知れた同僚などもいません。
性格によりけりではありますが、毎回そのような状況での接客となるため、人見知りの女性にとっては少々気疲れしてしまうかもしれません。

また、在籍と違い、売り上げによる出来高などもないため、プラスαで給料が増えていくこともなく、どうしても給料が低くなりがちです。派遣会社を通しての給料になるため、実際に計算してみるとお店に在籍して働いた方が高いケースは珍しくありません。

派遣キャバクラにはこのようなデメリットなどがあります。
実際に派遣キャバクラとして働きたいのであれば、メリットだけではなくデメリットも理解した上で、どちらの働き方が自分の性格・価値観に合っているかを考えた上で決めましょう。